用紙の種類・価格

半光沢紙

光沢紙

マットコート紙

ソフトクロス

半光沢紙

半光沢紙

メリット・デメリット

光の反射を抑えるので照明が強く当たる場所にも適しています。
落ち着いた色表現で文字の視認性が高く、文章の多い研究資料に適しています。
光沢紙に比べると写真の視認性が少し劣ります。

  • 表現力:★★★☆☆
  • コスト:★★★☆☆
  • 耐久性:★★★☆☆
サイズ 価格
B1(728x1030)まで ¥1,900
A0(841x1189)まで ¥2,500
914 x 1.4m ¥2,800
914 x 1.6m ¥3,100

半光沢紙を注文する。

光沢紙

光沢紙

メリット・デメリット

発色が良いので写真の様な鮮明画像を再現でき、高いクオリティに仕上がります。
高級感がありメインの展示物に最適です。
光沢感があるので光が直接当たる場合は反射して見えづらくなる場合があります。

  • 表現力:★★★★☆
  • コスト:★★★☆☆
  • 耐久性:★★★☆☆
サイズ 価格
B1(728x1030)まで ¥1,900
A0(841x1189)まで ¥2,500
914 x 1.4m ¥2,800
914 x 1.6m ¥3,100
光沢紙を注文する。

マット紙

マット紙

メリット・デメリット

半光沢紙よりも更に印刷面の光沢感を抑えているので文字の視認性が高く、
文章の多い研究資料に適しています。
低コストで経済的なので短期間の使用に適しています。
吸収性が高いので他の用紙より水濡れの耐久性に劣りますが、
ペンなどでの書き込みに適している面もあります。

  • 表現力:★★☆☆☆
  • コスト:★★☆☆☆
  • 耐久性:★★☆☆☆
サイズ 価格
B1(728x1030)まで ¥1,700
A0(841x1189)まで ¥2,300
914 x 1.4m ¥2,600
914 x 1.6m ¥2,900
マット紙を注文する。

ソフトクロス

ソフトクロス

メリット・デメリット

軽量かつ、折りたたんでもシワや折り目が付きにくい布(ポリエステル)タイプなので、
学会発表での移動が多い方に最適です。
ほつれ防止加工を施しており耐久性にも優れているので、
貼ったり剥がしたりの繰り返しの使用にも耐えれます。
通常の紙への印刷に比べるとわずかですが写真の表現力が劣ります。

  • 表現力:★★☆☆☆
  • コスト:★★★★☆
  • 耐久性:★★★★★
サイズ 価格
B1(728x1030)まで ¥2,600
A0(841x1189)まで ¥3,200
914 x 1.4m ¥3,600
914 x 1.6m ¥3,900
ソフトクロスを注文する。