色鮮やかにポスター印刷したい!そんなときは

Pocket

2018/11/14

こんにちは、ポスターラボです。

当店では、RGBカラーとCMYKカラー、どちらの形式のデータ入稿にも対応しています。

色には特にこだわらない、という方から
せっかくのポスターだから綺麗に印刷したい!という方までいらっしゃると思いますが、
そんな皆様に幅広くおすすめしたいのが、RGBでのデータ作成と印刷です。

今回は、RGBデータ作成のすすめを中心に、より綺麗なポスター印刷の方法について紹介します。

RGBでのデータ作成


ポスターラボでは、RGBでポスターを印刷しています。

通常の印刷会社では、RGBのデータを入稿した場合もCMYKに変換される事が多く、
作成したイメージと色が異なった状態で印刷されてしまう事があります。

これは、モードをRGBからCMYKに変換する際、
モニター上で設定した色が、印刷用のカラースペースでもっとも近い色に置き換えられる事が原因です。

RGBとCMYKの違い
上図は、左側が【CMYK】で右側が【RGB】です。
二つを比べてみると、左側・CMYKの方が若干色がくすんでいます。
当店はRGBでの印刷となりますので、CMYKで印刷を行うよりも色の再現性が高くなり
右側のような鮮やかな表現ができます。

■RGBでのデータ作成のメリット
・色もくすむことなく鮮やかに印刷されることで、イメージそのままの仕上がりになる
・データ制作者と出力担当者の色の認識に差が出にくい

なお、RGBでのポスター印刷を希望される場合、追加料金や連絡は必要ございません。
是非ポスターラボのRGB印刷を試してみてくださいね!

※蛍光色などの特色は表現できませんのでご了承ください。

RBGとCMYKの違いについて


では、RGBとCMYKにはどんな違いがあるのでしょうか?
二つのカラーモードの違いについて解説いたします。

CMYKとRGB解説 【RGB】
それぞれレッド(Red)グリーン(Green)ブルー(Blue)の頭文字をとったもので、
この3色は「光の三原色」と呼ばれています。

ブラウン管、液晶モニター等で色を表現する為の手法で、
3色を組み合わせて全ての色を表現しています。
光は混ぜると明るくなっていきますので、三原色を全て混ぜた色は真っ白となります。
加法混色とも呼ばれます。

【CMYK】
C(Cyan)M(Magenta)Y(Yellow)K(key plate)を混ぜ合わせて色を作ります。
この3色は「色の三原色」と呼ばれています。

全ての色を混ぜると白になるRGBとは対照的に、CMYKでは全ての色を混ぜると黒になります。
印刷用紙が白いのはこの為で、CMYKで「白」と言えば「印刷されていない部分」です。
RGBに比べて色彩の再現できる領域が限られています。
減法混色とも呼ばれます。

リッチブラックで黒色の表現が豊かに


黒色には「濃い黒」と「薄い黒」が存在します。
二種類の黒色
黒を用いたデザインを作成される場合、CMY=0%、K=100%で設定される方が多いと思います。
これはスミベタ(K100%)と呼ばれ、比較的薄い黒色となります。
上図の場合、少し茶色っぽく見える左側がこれに該当します。

それに対し、濃い黒で印刷したいときは
リッチブラック(C=40%、M=40% Y=40% K=100%)が推奨されています。
K100%と比較してもわかるように、引き締まった黒色の表現が可能です。

■使用方法
色設定時にC=40%、M=40% Y=40% K=100%を適用するだけで
簡単にリッチブラックを使用できます。
リッチブラック設定方法

ワンランク上のポスターを印刷したい方、
是非リッチブラックを用いてデザインを作成してみてください!

※色が濃すぎると裏写り等の原因となる為、リッチブラックより高い数値の設定はお控えください。
※小さな文字や細かなオブジェクトにリッチブラックを使用すると、狭い範囲にインクが乗りすぎるため、にじんでいるように仕上がる事があります。


まとめ 「紙に印刷したけれど、色のイメージが違う!」
なんてことにならないようにしたいですよね。

せっかくRGBで作った原稿データ、入稿用にCMYKモードに変換したら退色してしまった!
RGBの色味に近づけるために、原稿データを調整したり…と手間が…

そんなときは、是非RGBの元データを当店にご入稿ください。
CMYKでのデータ入稿も可能ですが、印刷の際は自動的にRGBにて印刷を行います。

面倒な色味調整をせずにそのまま入稿して時短にも!
イメージ通りの印刷をRGB入稿で実現!
是非RGBでの入稿をお試しください。



【印刷の状態についての注意】

カラーバランスは随時、当社基準色で調整・チェックしております。
想像していた発色と違うなど主観による不具合や、データの問題による印刷不具合などによる返品、 再出力、返金等は一切お受けできませんので、予めご了承願います。
印字面に印刷汚れが乗っていたり、正常に印刷されていない場合等は
返品交換の対象となりますので、 ご連絡をお願い致します。