学会ポスターにおすすめの持ち運び方法

Pocket

2020/06/8

学会ポスターにおすすめの持ち運び方法
こんにちは、ポスターラボです。

学会発表で使用されるポスターは、大判サイズで丸めづらく、持ち運びもしにくいですよね。

さらに飛行機で開催地へ向かうとなると、機内サイズを超過し余計な手間がかかることに…。

公費が使えるのなら不織布ポスターも印刷できますが、自腹ではどうしても高くつくイメージがあり、印刷に踏み切れない方も多いかと存じます。

そこでおすすめしたいのが、当店のサービスです!

当記事では学会ポスターの持ち運び方を紹介すると共に、安価で印刷できる布ポスターについて特集します。
学会ポスターの持ち運び方法
■配送用ダンボール

自宅や宿泊先に届いたダンボールを、そのまま会場へ持ち運んでいる方が多くいらっしゃいます。

当店のダンボールは三角形のため転がらず、万が一ぶつけてしまっても簡単には凹みません。

ただし、使用後はゴミになってしまう点と、サイズが大きく荷物になる点がデメリットです。


■袋やバッグ

学会発表の会場が遠方でない場合、袋やバッグに入れた状態で持ち運ぶことができます。

ただしポスターを丸めたサイズは、一般的な袋やバッグには入り切りません。

布素材のポスターで印刷を行うことで、ようやくバッグひとつでの持ち運びが可能となります。

ちなみに、当店へ来社受取をされた場合には、以下のセットでポスターをお渡ししております。

丸めたポスター+両角を緩衝材で保護+ビニール+手提げ袋
ご希望があれば配送用のダンボールもお渡しいたしますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

■ポスターケース

ポスターケース
ポスターケースは図面ケースとも呼ばれ、大判サイズの紙を丸めて持ち運ぶことができます。

100円ショップでも販売されており利便性に優れますが、ポスター使用後は荷物になってしまうのが難点です。

会場への配送もできます!
ヤマト運輸もしくは佐川急便での搬入を受け付けている場合、自ら持ち運ぶのではなく、当店から直接送ってしまう手もあります。

配送料として800円(北海道の場合1,000円)頂きますが、手数料などは頂きません。

配送時は、伝票の配送主をお客様情報に変更させて頂きます。

条件が合えば最も便利な方法なので、お見知りおきください。

学会発表には「ソフトクロス」がおすすめ!
当店で取り扱うソフトクロスは、布素材のポスター用紙です。

布素材のため折りたたんでバッグに入れれば、それだけでポスターを持ち運ぶことができます。

一般的な布ポスターの素材、不織布と比べると、以下のメリットがあります。
・安価
・ムラが少ない
・鮮明に印刷できる
A0サイズの場合3,500円、914 x 1.4m以内の場合4,000円と、非常に安い点が特徴です。

デメリットとして、強いて言えば不織布よりは折ジワが残りやすいです。

しかしこのシワも、裏からあて紙をしてアイロンを当てれば、すぐに元通りになります。

商品の詳細と注文は、こちらのページをご覧ください。

触って品質を確かめたい方向けに、サンプル請求ページも用意しております。


お客様のご利用をお待ちしております!