問い合わせ前に要確認!よくある質問・お問い合わせまとめ【その2】

Pocket

2019/11/30

こんにちは、ポスターラボです。

当記事では、前回に引き続きポスターラボへ多く頂く質問やお問い合わせについて、まとめてご紹介します!



今回はポスターラボについて、気になる部分をもう少し深堀りした内容になっています。

注文が初めての方はもちろん、何回もご利用くださっている常連さんも今一度ご確認してみてくださいね。

データチェックとはどのようなことを行うの?
ポスターラボのデータチェックは、「印刷に回せる状態か」「希望通りのサイズに仕上がるか」の確認のことを指します。

出力見本と違う画像であったり、データサイズと注文サイズの不一致などはデータ不備としてお客様にご連絡致します。

細かい色校正、文字校正は行っておりませんのでご了承ください。

また、画質について「画像がぼやけないように」といった要望も時折頂きますが、ポスターラボでは統一された作業マニュアルで、入稿されたデータのままの出力をしています。

仕上がりの判断は、お客様にて行って頂くことになります。

基本的にご注文サイズ原寸、印刷に適した解像度である300dpiの設定を推奨しています。


モノクロの画像を入稿したのに赤みがかって印刷された
ポスターラボで使用しているプリンターはモノクロ印刷には対応しておらず、モノクロのデータも4色のインクを掛け合わせて表現しています。

これはプリンターの仕様となりますのでご了承下さいませ。

前回と同じ内容で注文したのに色味が微妙に違う
ポスターの色味が異なる

オンデマンド印刷の性質上温度や湿度に影響されやすく、同データの厳密な色再現は苦手としています。

また、各店プリンターを複数台使用しているため、プリンターによっての差異は出ることがあります。

ポスターラボは低価格、当日発送を主体としてサービスを行っておりますので、厳格な色味・表現力の差異については、ご期待にお応えできない範囲があることをご理解頂ければ幸いです。



あらかじめ面付けしたデータをカットしてほしい
※面付けとは・・・1つのデータの中に複数の絵柄を配置すること

ポスターラボの面付けデータ印刷

ポスターラボでは周囲4辺まで無料でカット致します。

それ以降の追加カットに関しましては、1辺250円(税抜き)にて承っております。

例:A2サイズの絵柄を4枚配置して、A0サイズで入稿して、それを4等分したい

①データ同士をピッタリくっつけた状態で面付けされている場合
 →2辺の追加カットが必要です。(ポスター内で十字カット)

②ポスター同士がバラバラの場合
 →3枚分の追加カット(250円×4辺×3枚)が必要です。

尚、追加カットはスタッフが手作業で行いますので、数ミリの誤差が発生します。

①の場合、若干のズレが発生する可能性がありますのでご了承ください。

紙媒体をスキャンしてポスター印刷してほしい
申し訳ございませんが、ポスターラボは印刷のみのサービスとなっておりスキャンは承っておりません。

お客様の方であらかじめスキャンしたデータをご入稿くださいますようお願い致します。


上の記事で、スキャンの方法をいくつか紹介しているので参考にしてみてくださいね。


持ち込んだ印刷済みの紙を加工してほしい
ラミネート加工、パネル加工はポスター用紙とのセットでご注文を承っております。

加工のみのご注文はお受けできかねますのでご了承ください。

Photoshop以外の拡張子.psdファイルで入稿しても大丈夫?
はい、可能です。

ただし、PSDよりPDFでの保存入稿をお勧めしております。

PSDファイルの場合は編集機能が付与されているため、思わぬトラブルが起きるケースもございます。

PSD、PDFで画質に差はございません。

詳しくは以下の記事をご覧ください。


気になっていた点は解消されたでしょうか?

わからないことがありましたら、気軽にお電話やメールでお問い合わせくださいね☆

ご利用をお待ちしております!